入院 インターネット



このページを作ったきっかけ

はじめまして。
今、このサイトを作っているのは、病院のなかです。

 

今回一番思ったのは、このサイトを作れるくらい、入院というのは、暇だということです。
最初は全く予想していなかったので、何も持たずに入院しましたが、1日もすればこれからの入院の日々が、暇になることが想像出来ます。
こりゃヤバイということで、家からパソコンを持ち込みました。

 

あなたも、同じように、入院の暇つぶし解消を目的に、ここへ来てくれたのだと思います。

 

突然の入院って、日頃の環境と違うので、いろいろ自分を見つめなおすいい環境です。
生活習慣に無理はなかったか?なぜ事故は起こってしまったのか?食生活はこのままでいいのか?
いろいろ考えることが出来て、いいタイミングです。

 

でもそれは、せめて3日くらいです。
その後は、誰とも喋る時間のない孤独との戦いです。

 

あなたも暇つぶしが少しでも解消できたらと、このサイトがお役に立つことを祈っています。

 

 

 

病院でインターネット接続

 

入院してるんだから、院内でパソコンなんてと思う方も中にはいらっしゃると思います。
しかし、TVで情報を得るのと同様、ネットで情報収集するのも当たり前の時代になってきています。

 

入院することによって、今まで自由にいろんな媒体から情報収集できていたのに
突然新聞・本・TVと情報収集の場が減ってしまうとかなりの苦痛を強いられます。

 

少し前、ホリエモンが刑務所の中で情報をシャットアウトされていた時の気持ちを喋ってましたが、、入院もそこまで酷なものではないかもしれませんが、似たような所がありますね。世の中からある意味、隔離されてますからね。

 

そして、いまでは、ゲーム機などにも、インターネットを見ることが出来るブラウザ機能が備わっている時代、病院にゲームを持ち込む方も多い中で、暇つぶしも兼ねてインターネットを閲覧したいという要望も多いのではないでしょうか?

 

また、インターネットでのコミニケーションがメインで、仕事をされている方も多いでしょう。
そのような方がある日突然、その手段を失ってしまったら。。。。

 

もちろんそんなインターネット環境がない方にとっては、入院したらその間は、ストップということになるのでしょうけど、もし入院予定や入院している病院がインターネット利用可能ならパソコンを利用してみるのもいいと思います。

 

ネット容認の病院が増えてきたのはおそらく、スマートフォンが普及し始めて、一律院内でインターネットはダメ!と言う理由が通らなくなってきているのも一因だと思います。スマホが良くてパソコンはダメなんてよくわからない理由です。電波を飛ばす機器の信頼性も上がってきたというのも理由の一つのようです。

 

あとネットを利用できると、缶詰で情報が遮断された時のストレスから解放されるということも大切なことだと思います。
私の場合、パソコンがなかった状態の時は、かなりのストレスでした。ストレスも病気の一、要因になっていることは周知の事実です。ストレス解消のためにインターネットを利用するのもいいと思います。

 

ただ、私のように普段の生活と変わりがなく病院で過ごしている方はいいですが、思うように体が動かない、パソコンなどとんでもない!という状況の方もいらっしゃることは、私も理解していますので、そのような方には安静にしていただき、早く病状が回復されるよう願っています。

 

 

将来的に、レオパレスなどの賃貸マンション等のように、最初からの情報として、「インターネット完備」とかの病院も増えてくるのではないでしょうか?またそうしないと患者さんも集まらない時代がくるかもしれません。

 

私にとってはありがたいことですが、興味のない方にとってはどうでもいいことでしょうね。

 

 

糖尿病の教育入院で

 

 

私のように検査入院で長期間(と言っても2週間)入院を突然しなければいけなくなった方などへ
少しでも役に立てばと、院内インターネット接続に関してのことやそれに付随する情報などをまとめてみました。

 

突然の発熱や交通事故などで入院されている方もいらっしゃると思います。

 

ちなみに私は糖尿の検査で引っかかって、突然の2週間の入院となりました。
なってみてわかったのですが、教育入院と言って、薬を使うかインシュリン注射で対応していくのか検査をしながら把握し、同時に病院で生活の仕方、どういった食生活をしたらいいかとかを教育される入院です。

 

入院してパソコンが使えることがわかったので
退院までにせめてひとつくらい、サイトを作ろうと思ったのですが
どんな、内容にしようか?
入院開始から4日目で、動き始めました。

 

 

 

入院初日

 

施設の中を色々把握するための時間など、バタバタしているうちに、1日が過ぎました。

 

2日目

 

ようやく落ち着いたんですが、検査入院なんで、最初から血糖値検査器の使い方や
インシュリンの打ち方などを教育
心電図を取り
同時にDVDを見るように言われ

 

糖尿病とは?
食事療法について
運動療法
低血糖について
薬物療法
合併症についてなど
を教育うける。

 

3日以降も、検査でインシュリンが体から出ているかとか
蓄尿の結果を報告受けたり

 

でも、しだいに検査が少なくなってくると

 

暇になってくるんですね。

 

 

常日頃から、インターネット漬けになっているじぶんとしては、
最初スマホで3G接続で我慢してたけど
同じ部屋の向かいの方がパソコン持ち込んでるのを知って
自分も嫁に持ってきてもらった。

 

2日目のことでした。パソコン無し1日しか持ちませんでした。

 

今回インターネット回線は、病室にはなかったため、自前で回線を持ち込みしないとパソコンでインターネットは出来ない環境です。
たまたま、自分はWIMAXを契約していたので使えてますが。
回線がなければ、自前で用意するか
スマホの小さい画面でがまんするしか
ないですね。

 

 

このサイトでは、自分の入院の経験から
インターネット接続に関してや
入院時に必要だったもの、あったらよかったなど
体験談を書いていきたいと思います。

 

入院予定のあなたに、またご家族が入院されるという方のために
参考になればと思います。

 

 

管理人

 

 

 

このサイトの人気記事